もう安心!速乾性ドライTシャツに残りやすい臭いの原因と消臭方法はこれ!

日常的にスポーツをして身体を動かす人や、季節問わず汗っかきだという人は、1枚くらいは速乾性に優れた「ドライTシャツ」を持っているのではないでしょうか。
身体を激しく動かして大量に汗をかく運動時や夏場はもちろん、冬場でもインナーとして着られるドライTシャツは、1日中サラッとした着心地で快適に過ごせることが魅力のTシャツです。

速乾性に優れたドライTシャツは、素早く乾くことのほかにも、通気性・耐久性に優れていたり、軽量でシワになりにくかったりと様々なメリットがあのですが、その一方で「しっかり洗濯をしているのに、洗った後にも臭いが残ってしまう・・・」といったことが時々発生するのがネックともなっています。

今回は、ドライTシャツに残りやすい臭いの原因や、臭いを抑えるための対策や、臭いがついてしまった場合の消臭方法について色々と紹介します!
お気に入りの1着をこれからも長く大切に着続けるためにも、臭いの原因や対処法を知って、より快適にドライTシャツを着用できるようになれば幸いです。

速乾性ドライTシャツに残りやすい臭いの原因はこれだった!

ドライTシャツは、速乾性・通気性・耐久性に優れ、軽量で着心地のいいTシャツです。速乾性に優れたドライTシャツの多くは、ポリエステルという素材が使用されていて、汗をかいても素早く乾くといったメリットがあります。

機能性の高さが目立つポリエステル素材ですが、その一方で、お手入れの仕方によっては着るたびに「臭い」が増してしまう・・・といった特徴が発生することがあります。

そこでまずは、速乾性ドライTシャツに残りやすい臭いの原因について見ていきます。

ポリエステル素材の特徴

ドライTシャツで使用されているポリエステルは、極細の繊維で作られているため、汗や湿気などの水分を吸収しやすく、乾きやすいといった特徴があります。
ただ、繊維が非常に細かいことが理由で、繊維の間に汗や油分、埃などの汚れがたまりやすく、洗濯しても落ちにくいといった特徴があります。

洗濯をしても汚れがなかなか落ちないと、たまった汚れから雑菌が繁殖してしまい、それが原因で臭いが発生しやすい状況を作り出してしまいます。

ドライTシャツを買ったばかりの時は、まだ雑菌がそれほど蓄積されていないため臭いが気になることはないですが、吸収した汚れが落ちにくいため、何度も着用するうちに汚れがたまり臭いがしてくることがあります。

とはいえ、ドライTシャツについた臭いは、お手入れの基本や消臭方法を実践することで臭いのもとを未然に解消したり、残ってしまった臭いを消したりすることも十分可能なので安心してください! 消臭方法については 後でまた紹介します。

臭いの原因となる菌が繁殖しやすい環境とは?

ポリエステル素材の特徴で紹介したように、汗や油分などの汚れが繊維の間にたまり、そこから雑菌が繁殖して臭いの原因になります。
それでは、臭いの原因となっている雑菌が繁殖しやすい環境とは一体どのような状態なのでしょうか。

臭いの原因となる雑菌は、水や温度、そして栄養によって繁殖します。綿のTシャツに比べて、ポリエステルのTシャツは吸水性で劣るため、生地の表面に水分が多い状況を作り出しています。
ドライTシャツの中でも、肌と肌が密着した状態で風通しの悪い脇の下は他の部分よりも温度高く、汚れを栄養とした雑菌が最も繁殖しやすいと言われています。

ドライTシャツの雑菌の繁殖を抑えるための対策!

速乾性に優れている一方で、臭いが残りやすいといった欠点を抱えるドライTシャツですが、臭いが発生する原因や環境さえ理解すれば、あとはそれに対して最善のやり方で対策をすれば問題を早期に解決できるはずです。

ここでは、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えて、臭い知らずの快適なドライTシャツライフを送るための対策法について紹介します。

対策1.汗をしっかり拭きとる!

臭の原因となる雑菌は、水分が多いところを好むため、汗をかいた後はそのまま放っておくとなく、タオルや汗拭きシートなどを使って汗をしっかり拭きとることで菌の繁殖を抑えることができます。

対策2.デオドラントを使う!

汗をかきやすい人や、運動をするときは、菌の繁殖を抑えるためにシャワーをしたあとに、殺菌作用のあるデオドラントを肌に塗ると効果的です。シャワーをしたあとに塗るというのがポイントで、汗をかきやすい部分を清潔にした上でデオドラントを使います。

対策3.ドライTシャツが汚れをきれいに落とす!

たくさん汗をかいたあとも、ドライTシャツなら速乾性に優れているので素早く乾きます。ただ、使用済みのドライTシャツをそのまま放ってしまうと、水分や汚れなどが原因で菌が繁殖してしまうので、使ったあとは付いた汚れをきれいに落とすことが大事です。
洗濯機で洗っても臭いが気になる時は、手洗いして丁寧に汚れを落とします。シミや黒ずみなどの汚れが気になるときは、その部分に石鹸をつけて入念に汚れを落とす、つけおきして汚れを浮かした状態で押し洗いするのがおすすめです。

速乾性ドライTシャツに残ってしまった臭いを消臭する方法!

何度も着用しているお気に入りのドライTシャツに残ってしまった臭いが気になる・・・といったときは、諦めずにここで紹介する消臭方法をお試しください。
以下で紹介するポイントに注意してお手入れすることで、繊維の中に残っている汚れや雑菌が落ちやすくなって消臭につながります。

消臭方法1.手洗いで頑固な汚れを落とす!

ポリエステル素材は、細かい繊維で出来ているため、皮脂などの汚れが繊維に入り込んで菌が繁殖しやすくなります。
繊維に入り込んだ頑固な汚れには、「手洗い」をして丁寧に押し洗いするのが効果的です。ほかの衣類と一緒に洗濯機で洗うと、落ちた汚れがポリエステル素材の繊維に入り込んでしまい、洗濯をしたのに黒ずみが発生してしまう・・・といった恐れがあります。
手洗いをするときは、皮脂などの汚れが落ちやすくなる酵素系の洗濯洗剤を使うと、臭いの原因となっている汚れが落ちてスッキリします。

消臭方法2.強力石鹸とぬるま湯で汚れを落とす!

臭いの原因となる皮脂などの汚れには、高い洗浄力のある石鹸とぬるま湯を使うと効果的です。冷たい水よりも30℃~40℃程度のお湯を使って洗濯をした方が石鹸の洗浄力が発揮されるため、臭いの元となる汚れが落ちやすくなります。

消臭方法3.手洗いをしたら丁寧にすすぐ!

洗濯機で洗ってもなかなか消臭効果が発揮されない理由の一つが、すすぎの不足です。洗浄力のある洗剤を使って汚れを落としても、十分にすすぎがされていないと、せっかく浮かせた汚れがまた繊維の間に入り込んでしまう恐れがあります。
洗濯をしても臭いが解消されないときは、しっかりと手洗いをした上で、浮いた汚れを繊維の間に残してしまわないように、多目のぬるま湯で丁寧にすすぎ汚れを落としてください。

消臭方法4.消臭・除菌スプレーを併用する!

洗濯機や手洗いで汚れをしっかり落とせたら、ドライTシャツを日陰干しします。日陰干しをするときは、「消臭」や「除菌」効果のあるスプレーを使うことで菌の繁殖を防ぎ、臭いが残るリスクを回避できます。

消臭方法5.臭いの元を取り除くことが大事!

衣服についた嫌な臭いを隠そうと、香りのついた柔軟剤をたくさん使いたくなりますが、あくまで柔軟剤はドライTシャツで発生しやすい静電気を抑えるには効果的ですが、臭いの元を解消するという意味では効果はありません。
何度も着用したことで発生する臭いを消すには、押し洗いをしてしっかり臭いの元となる汚れを取り除くことが大切です。

速乾性や通気性・耐久性に優れ、洗ってもシワがつきにくいドライTシャツは、スポーツやアクティビティで使用するだけでなく、普段着として使う時も大変使いやすいTシャツです。今回紹介した方法を実践するだけで、より快適にドライTシャツを着用いただけるので、是非今からでも試してみてください!

以上、ポリエステル素材で作られたドライTシャツに残りやすい臭いの原因や対策、臭いが残ってしまったときの消臭方法についての紹介でした。